本ページにはプロモーションが含まれています

さつまいもドーナツ小麦粉で作る絶品スイーツ

さつまいもと小麦粉を使ったドーナツは、外はカリッと中はもちもちとした食感が楽しめ、老若男女に人気のスイーツです。

さつまいもドーナツの魅力

さつまいもの自然な甘みとドーナツのもちもち感が組み合わさり、幸せな気分にさせてくれます。

さつまいもの甘みを活かす

さつまいもは自然の甘さがあり、ドーナツに加えることで砂糖の量を減らすことができます。

食感のコントラスト

さつまいものねっとりとした食感とドーナツのもちもち感が絶妙にマッチし、食べるたびに幸せを感じることができます。

さつまいもドーナツは、見た目も可愛らしく、手作りスイーツとしても人気があります。

甘すぎず、ほんのりとした甘さが大人から子供まで幅広い年齢層に受け入れられています。

ホームパーティーや手土産としても喜ばれ、おしゃれなスイーツとしても注目を集めています。

手軽に作ることができるので、料理初心者でも挑戦しやすいレシピとしてもおすすめです。

材料と分量

手軽に作れるさつまいもドーナツの材料と分量を紹介します。

必要な材料

さつまいも、小麦粉、砂糖、卵、ベーキングパウダー、牛乳などが必要です。

分量のポイント

さつまいもと小麦粉のバランスが重要で、甘さの調節もお好みで行ってください。

さつまいもは約200gを使用し、皮をむいて茹でて潰しておきます。

小麦粉は150g、砂糖は50gが適量で、これに卵1個とベーキングパウダー小さじ1を加えます。

牛乳は生地がまとまる程度に加え、生地が柔らかすぎず硬すぎない状態にします。

さつまいもの甘さによっては砂糖の量を調節し、お好みで香り付けにバニラエッセンスを加えるとより美味しくなります。

作り方

シンプルで初心者でも挑戦しやすい、さつまいもドーナツの作り方をご紹介します。

さつまいもの下ごしらえ

さつまいもはよく洗い、皮を剥いてから細かく切り、柔らかくなるまで蒸します。

生地の作り方

さつまいもが柔らかくなったら、他の材料と混ぜ合わせ、滑らかな生地を作ります。

蒸したさつまいもはマッシャーを使ってよく潰し、なめらかにします。

そこに小麦粉、砂糖、卵、ベーキングパウダーを加え、しっかりと混ぜ合わせます。

牛乳は少しずつ加えながら生地の硬さを調整し、耳たぶくらいの柔らかさにします。

生地がまとまったら、手で丸めてドーナツの形に整え、180度に熱した油でカリッと揚げます。

焼き方と仕上げ

生地ができたら、いよいよドーナツを焼く工程です。焼き方によっても食感が変わります。

オーブンで焼く

オーブンで焼くことで、外はカリッと中はもちもちの食感に仕上がります。

フライパンで焼く

フライパンを使えば、手軽にさつまいもドーナツを楽しむことができます。

オーブンを使用する際は、180度に予熱し、ドーナツを並べてから約20分焼きます。

焼き上がったドーナツは、熱いうちに砂糖をまぶすと、さらに美味しさがアップします。

フライパンを使用する場合は、中火でじっくりと両面を焼き上げてください。

仕上げに粉糖を振るか、お好みでチョコレートをかけると、見た目にも華やかになります。

アレンジレシピ

基本のさつまいもドーナツをマスターしたら、アレンジレシピにも挑戦してみましょう。

トッピングで楽しむ

チョコレートやナッツをトッピングすることで、さらに美味しさがアップします。

フレーバーを加えて

シナモンやバニラエッセンスを加えることで、さつまいもドーナツの風味が変わります。

チョコレートを湯煎で溶かし、焼き上がったドーナツの半分を浸して冷まします。

これにより、甘さとビターなチョコレートのバランスを楽しむことができます。

アーモンドスライスやくるみを細かく刻み、ドーナツにまぶすと、食感のアクセントになります。

シナモンやバニラエッセンスを生地に加えると、スパイシーかつ香り豊かなドーナツに仕上がります。

まとめ

さつまいもと小麦粉を使ったドーナツは、作る過程も楽しく、食べるときの幸せは格別です。

さつまいも
スポンサーリンク
ゆとり生活

コメント