本ページにはプロモーションが含まれています

さつまいもを水にさらすとは?その秘密を探る!

さつまいも、あの甘くてホクホクとした食感が堪らないですよね。でも、さつまいもを調理する際に「水にさらす」という工程を行ったことはありますか?この記事では、その理由や効果、適切な時間などを詳しくご紹介します。さつまいもの美味しさをより一層引き出すためのコツを知りたい方は必見です!

1. さつまいもを水にさらす理由

さつまいもを切った後、水にさらすのは一体どうしてなのでしょうか?この工程には実は重要な意味が隠されています。

1-1. アクの除去

さつまいもの切り口から出る白い液体、これを「アク」と呼びます。

アクを除去することで、さつまいもの独特なえぐみや渋みを取り除くことができます。

このアクは、さつまいもが傷ついた際に分泌される防御反応の一部として出てきます。

多くの食材にはアクやえぐみがあり、これを取り除くことで食感や風味が向上します。

特にさつまいもはアクが多いため、水にさらす工程が欠かせません。

1-2. 色の保持

さつまいもを切ったときの鮮やかな色を長持ちさせるためには、すぐに水にさらすことがポイントです。

これにより、酸化を防ぎ、美しい色を保てます。

酸化は食材の色や栄養価に悪影響を及ぼすことが知られています。

特にビタミンCは酸化しやすく、さつまいもの色や栄養価を維持するためには速やかな対応が必要です。

そのため、切った後すぐに水にさらすことで、最高の状態で料理に取り掛かることができます。

2. さつまいもを水にさらす時間

水にさらす時間もさつまいもの仕上がりに影響を与えます。

では、どれくらいの時間が最適なのでしょうか?

2-1. 一般的な目安

さつまいもを水にさらすのは、約10分から30分が一般的です。

しかし、使用するさつまいもの種類や調理法によって、適切な時間は変わることも。

例えば、甘味が強い品種はアクも多く、長めに水にさらすことで美味しさを引き出すことができます。

また、保存状態や収穫後の日数によっても、必要な水にさらす時間は異なることがあります。

最適な時間は試行錯誤しながら見つけるのがベストです。

2-2. 調理方法による違い

例えば、天ぷらやフライなどの油で揚げる料理の場合、水に長時間さらすことで中までしっかりと水分を逃がすことがポイントです。

水分が多いと、油の温度が下がり揚げ上がりが悪くなることが知られています。

また、水にさらす時間が短いと、揚げた時に中が生のままになるリスクが高まります。

一方、蒸したり、煮たりする調理法では、短めの時間でさらすだけでも十分です。

調理方法に合わせて、適切な時間を選ぶことが大切です。

3. さつまいもを水にさらす時のポイント

水にさらすだけでなく、その方法にもコツがあります。

以下にそのポイントをまとめてみました。

3-1. 使用する水の温度

冷たい水の方が、さつまいものアクを効果的に取り除くことができます。

夏場などは、氷水を利用するのもオススメです。

氷水を使用すると、アクがより速やかに抜け、さつまいもの食感もよりしっかりとします。

また、氷水にさらすことでさつまいもの色も鮮やかになり、料理の見た目も向上します。

しかし、氷水を用意するのが難しい場合は、冷たい水道水でも十分に効果は得られます。

3-2. さつまいもの切り方

さつまいもを薄く切ると、アクが出やすくなるため、水によくさらすことが大切です。

一方、厚く切る場合は、さらす時間を長めに取ることをおすすめします。

薄切りの場合はアクが表面に多く、速やかに取り除く必要があります。

厚切りの場合は、内部からアクが出てくる時間が長いため、十分な時間を確保することで味の向上が期待できます。

さつまいもの切り方によって、さらす時間や方法を適切に調整することで、より美味しいさつまいも料理を楽しむことができます。

4. さつまいもの水切り方法

水にさらした後は、しっかりと水切りをすることが大切です。

水切りの方法にもいくつかの方法が存在します。

4-1. キッチンペーパーを使用する方法

さつまいもをキッチンペーパーで包み、軽く押さえて水分を取り除くのが一般的です。

この方法は手早く水切りをしたい場合や、油で揚げる際などにおすすめです。

キッチンペーパーの吸収性により、余分な水分がしっかり取り除かれ、調理に適した状態になります。

ただ、強く押しすぎるとさつまいもを傷つけてしまうので、注意が必要です。

4-2. ざるやザルを利用する方法

ざるやザルに広げて、自然に水分を飛ばす方法もあります。

この方法は時間はかかりますが、さつまいもを傷つけずに水切りができます。

風通しの良い場所にざるを置き、数十分から1時間程度放置することで、自然と水分が蒸発します。

また、さつまいもが重ならないようにすることで、効率的に水切りを行うことができます。

この方法は特に、煮物や蒸し物などの料理に適しています。

5. さつまいもの保存方法

水にさらした後、すぐに調理しない場合のさつまいもの保存方法についても触れておきましょう。

5-1. 冷蔵保存

水切りしたさつまいもは、ラップで包んで冷蔵庫での保存がベストです。

この場合、2〜3日以内に使用することをおすすめします。

ただし、ラップする際には空気をきちんと抜き、密封性を保つことが大切です。

さつまいもが風味を損ねたり、他の食材の臭いを吸収しないように注意が必要です。

5-2. 冷凍保存

さつまいもは冷凍保存も可能です。

ただし、調理前にしっかりと解凍することが必要となります。

保存袋やラップで包み、空気を抜いてから冷凍庫に入れると、風味や食感を保ちやすくなります。

長期保存を考える場合は、冷凍保存が最適ですが、解凍後の食感には少し変化が生じることも覚悟してください。

まとめ

さつまいもを水にさらすことで、よりおいしく、見た目も美しく調理することができることがわかりましたね。

この工程を省かず、美味しいさつまいも料理を楽しんでください。

さつまいも
スポンサーリンク
ゆとり生活

コメント